2013年02月20日

メイクカラーカウンセラーとは

 メイクカラーカウンセリング協会が育成を目指している、
メイクカラーカウンセラーについて、説明させていただきます。

メイクカラーカウンセラーとは、お客様の「なりたい自分」になる為に、
色彩心理・パーソナルカラー分析・カウンセリングよって導き出し、
心が求める色」と「好きな色」や「似合う色」と調和させて
日常のメイクアップに取り入れる方法をアドバイスし、
心のカラーバランスを整えて、外見と内面共に輝かせる手伝いをします。


自分の為に学びたい方から、現在すでに美容・色彩・福祉etcの現場
携わりながら、さらなる
スキルアップを目指して学びたい方など、
様々な方にぜひ学んでいただきたいメソッドです。


メイクカラーカウンセリングの資格を活かせる仕事は、

美容全般、カラーセラピスト、パーソナルカラーアナリストとしての
活動の幅を広げていただけると共に、
美容・色彩・心理のポイントが凝縮されていますので、
接客業全般でお客様とのコミュニケーションツールとしても
ご活用いただけます。


*
具体例

美容・カラーなどのカウンセラー、メイクアップアーティスト、
化粧品販売、ヘア・エステ・ネイルサロン従事者、ファッション関係、
ブライダル関係、福祉関係 など




セルフメイク実習

今日はメイクカラーカウンセリング協会の打ち合わせで、
なりたい自分になるための「セルフメイク実習」をさせていただきました

IMG_0979

なりたいイメージを演出する為には、パーツの形だけでなく、
色選びも重要なポイントなのです。
好きな色だけれど、服やメイクに取り入れると、
顔とのバランスが何だか取れていない・・・
そんな事を経験されている人は少なくないはず。

例えば同じブルーのアイシャドウでも、人それぞれが持っている要素によって、
パーソナルカラーに基づいて分析すると、似合う色は違ってくるのです

IMG_0990


花形さんは「フレッシュ」、事務局スタッフは「クール」になれるよう、
それぞれに似合うカラーのセレクト術や、アイテムの使い方をレクチャー
いつものアイテムを使って、いつもとは違う自分を発見

IMG_1010

心の輝きと共に、外見の魅力UP
セルフメイクカウンセリングでは、外見的に似合う色と、
なりたい自分になる為に、今必要な色を知り、
その色を取り入れ、日常生活に活かせるメイクアップ方法の取得を
目指していただきます。

一般受付まで、今しばらくお待ちください




2013年02月14日

バレンタインの起源☆

今日はバレンタインですね
ここ最近、バレンタインなどのイベント事から離れつつある私です

皆さんの中には、ドキドキ・ワクワクの1日だった方もいらっしゃるのでしょうね。

さてさて、バレンタインにチョコレートを送る習慣は、日本独特だということは、
最近認識されつつあるとは思いますが、歴史的背景としての起源はご存知ですか?

バレンタインデーは、セントバレンタインデー(St. Valentine's Day)とも言われ、
毎年2月14日に祝われています。
世界的に男女の愛の誓いの日とされていますが、
その起源は269年にローマ皇帝の迫害下で殉教した聖バレンティヌスに由来する
記念日であるとされています。

San_valentino

当時、ローマでは、2月15日はルペルカリア祭という豊作を祈願する祭日でした。

そして、ルペルカリア祭の前日(2月14日)は女神ユノの祝日であり、
ユノはすべての神の女王であり、家庭と結婚の神でもあったのです。

当時の男女は生活が別々だった為、祭りの前日(ユノの祝日)に、
若い娘たちは自分の名前を書いた札を桶に入れ、
祭りの当日、男たちが桶から札をひいて、ひいた男と札の名の娘が、
祭りの間パートナーとして一緒にいる習わしだったそうです。

そして、そのまま恋におち、結婚するというのが一般的だったのです。

しかし、愛する人を故郷に残した兵士がいると士気が下がるという理由で
若い兵士の結婚は認められていなかったのです


そんな中、キリスト教司祭であるバレンティヌス(バレンタイン)は、
密かに兵士と恋人をかくまって結婚させていたのです

この行為によりバレンタインは捕らわれてしまいました。

その頃のローマでは、キリスト教は異端の宗教として迫害されていたこともあり
見せしめのために、ルペルカリア祭の生贄として
バレンティヌス(バレンタイン)は祭りの前日(2月14日)に処刑されました。

その後、キリスト教徒の間ではバレンタインが聖人に列せられ、
処刑された日を恋人たちの日として
セント・バレンタインデーとなったと言われています。

日本では、女性が男性に愛情の告白として、チョコレートを贈る習慣がありますが、

欧米などでは、決してチョコレートに限定されているわけではなく、
男性も女性も、花やケーキ、カードなど様々な贈り物を、
恋人や親しい人に贈ることがある日とされています。

女性から男性へ贈るのがほとんどという点と、
贈る物の多くがチョコレートに限定されているという点は、
日本のバレンタインデーの大きな特徴なんですね。

21104315



akemi0612 at 20:42|PermalinkComments(0) 日常