2013年03月19日

白色が美人をつくる?!

色が身体に様々な効果をもたらす事をお伝えしていますが、
今日は白色が身体に及ぼす影響について・・・。

白という色は、太陽光と同じ特性を持っているのです。
少し専門的な話になってしまうのですが、

光とは、電磁波です。
svg[1]

もともとは目に見えない電子が波となったものですが、
それが物にあたって反射したり、透明な水やガラスなどを
通過して屈折すると、私達の目には「色」として見えるのです。

sikumi[1]


白という色は、光を全て反射しているから白に見えるのです。
つまり、白は太陽光に一番近い性質をもっているといえます。

白は、身体が必要としている全ての色の波長を
栄養として与えてくれますので、健康には一番よく、
風邪を引いた時などには、
白い下着が一番良いと言われています。

また、白い部屋も健康に良いのですが、女性の場合は、
美人」をつくるのです。

白が女性の顔や容姿を引き立てるだけでなく、
内分泌を促し、若返らせるのです
光が与えてくれるエネルギーを身体に取り込みやすくなるので、
元気になりたい時などにも、白い色で太陽光を浴びて
エネルギーチャージすることがおススメです




2013年02月28日

女性におススメ「ピンクの呼吸法」

今日は、久しぶりにとても暖かく、日差しが気持ちのいい一日でしたね
私は、夕方に六本木で予定が終わり、あまりにも気持ちがいいので、
自宅まで歩いて帰ろう!!なんて思って、マップで所要時間を調べてみたら・・・・
約一時間、電車で帰ってきた軟弱者です(笑)

さてさて、今日のような暖かい日があると、段々と春が近づいている事を感じますね。
私は、【】といえは、気持ち的にUPするのですが、
皆さんの中には、季節の変わり目でお肌の状態や体調がすぐれなくなったり、
花粉症などに悩まされて、【】が近づくと憂鬱になる方もいるかもしれませんね。

そんな方におススメなのが、「ピンクの呼吸法」です。

ピンクの呼吸法」というのは、目を閉じてピンクの色を思い描きながら、
深呼吸を繰り返す方法です。
ピンク色の空気に包まれているとイメージしながら、周りのピンク色の空気を吸い、
続いてゆっくりと吐き出します。
この深呼吸を2・3回繰り返すのです。

タイミングとしては、朝と夜のスキンケア時がおススメ☆
スキンケアの最後に、顔全体を手のひらで包み込み、お肌を沈静させる時に、
自分の肌が美しくなる」などのポジティブなイメージを描きながら、
ピンクの呼吸法」を取り入れていただくと、よりいいのです。

ピンクの空気に包まれていることをイメージする事が、最初は難しいと思いますので、
最初のうちは、目の前にピンクの物を置いて、目を開けて「ピンクの呼吸法」をおこなってください。

【ピンク】の色は、内分泌を盛んにする若返りの色と言われています。
色々な実験でも効果がえられているといわれていますので、
皆さん、ぜひ実践してみてくださいね



2013年02月26日

「漢方で巡る、痩せてキレイになる♪美巡講座」

寒波の関係で、底冷えするような寒さが続いていますが、
明日(2/27)頃から段々と暖かくなり、春めいてくるそうですよ。
でも最近の天気予報、当てになりませんからね~(笑)

さて、今日は「ビューティーコンサルタント 漢方養生アドバイザー」の
余慶尚子先生による「漢方で巡る、痩せてキレイになる♪美巡講座
へ参加してきました

画像1


以前から、漢方やマクロビオティックなどに興味があり、
自己流にて色々調べていて、自宅にも、
「松の実」やら「クコの実」「雑穀」などなど・・・

画像1


色々取り入れてみるものの、いまいち自分の身体にとって
何が必要なのかが良く分からない・・・って状況だったのですが、
余慶先生の講座は、下記の内容で、分かりやすく説明いただき、
私のタイプや必要な食材・食薬が、わかってきましたよ。

・漢方とは
・太りの原因
・漢方的体質チェック
・タイプ別ライフアドバイス
・薬膳茶試飲

画像1

体質をチェックする事によって、
】タイプと【】タイプに分けられるのですが、
体質によって必要な食材や食薬が違うのです。

画像1

例えば、ダイエットに効くとよく言われているプーアール茶
効果が得られる方と、そうではない方とでは、
そもそも体質が違うからなんですって。
ご存知でした???


漢方は奥が深く、私は入り口に立ったばかりですが、
自分の体質を知って、必要な食材や食薬を取り入れて、
陰と陽のバランスを整え、内からも美しい身体作り
頑張りたいと思います

画像1


余慶先生のセミナーや漢方に興味を持たれた方、
レッスンにぜひ参加してみてください☆
下記は、余慶先生のHPです
http://www.flow-beauty.com/

akemi0612 at 23:44|PermalinkComments(0)